図書館は便利! 無料でも作者が損しないカラクリ

図書館といえば無料で本が借りられるという夢のような場所。

今回は久々に図書館に行ってみたら驚くほどに便利になっていたので昔を懐かしみながら紹介しようと思います。

図書館 image

スポンサーリンク

検索のパソコンがある

図書館の蔵書量は大量であるため探すのだけでも一苦労だったのですが、
備え付けのパソコンですぐに検索できるようになっていました。

でも、普通に歩いて探すと意外な本が見つけられて楽しかったりしますよね。

すぐに借りられる

今となっては当たり前で忘れていたのですが、バーコード読み取り型に変わっていました。
本を多く借りるときは非常にスムーズ

昔は本の最終ページに貼り付けられたレンタル帳に毎回判子を押すか、名前を書いていましたね。

予約がインターネットで出来る

今までの部分は大体はだいぶ前から導入されていたとは思うのですがこれには驚きました。

借りたい本が借りられていたなんてことは日常茶飯事だったのですが、これさえあれば本がどういう状況かすぐわかる。
しかも、予約者がいなかったら延長まで出来るというシステムまでついていました。

他の図書館の本を借りられる

実はこれは前からあったと思うのですが、連携している図書館の本を自分の家の近くの図書館まで送ってくれます。
これもネットで可能です。便利な世の中になったんですね。

ちなみに全国の図書館の本を探す方法があります。

日本最大の図書館検索 カーリル

今話題の本を検索してくれる機能もあるのでおすすめです。

別の話

幼い頃から図書館にはよく行っていましたが疑問が多くありました。なぜこんなにたくさん本が無料で借りられるのだろうかと・・・

図書館 疑問 カラクリ

図書館は自治体とボランティア

文化教養の向上のために自治体が本を購入しています。

感謝して今後は使わせてもらいますね。

ちなみにお金はとってはいけない法律になっているそうです。

公立図書館は、入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならない。

ボランティアの方も本を寄贈しているようです。

たまに、ずいぶん古い本があるなあと思ったのはこれが理由だったんですね。

作者は損しない?

これについては賛否両論ありますが、一定量を購入をしてくれる図書館はありがたいそうです。仮に全国の図書館が購入してくれれば5000部以上ですからね。

本当に読みたい方は購入しますし、最新の本は少し遅れて入ってくるそうですよ。

まとめ

いががだったでしょうか、

最近本を読まなくなったという人はぜひ図書館に行ってみてはどうでしょうか。意外にもリラックスも出来ますよ!

ただ、いい本を見つけると結局購入して出費になるので行き過ぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする