[Amazon Vine]レビューするだけで無料で商品がもらって暮らせるのか?

インターネットで買い物するときに参考になるのがレビュー。
一般の人がその商品に関しての生の感想が書かれているので、買おうか迷っているときには特に役に立ちます。

こんな風にただ感想を書くだけの場所に革命的なことが起こっている。それが「Amazon Vine(アマゾン・ヴァイン)」です。

本当は日本では2010年からはじまっているんですけどね・・・

ダンボー

スポンサーリンク

どういうシステムなのか

以下は引用文

Amazon Vine 先取りプログラム

本プログラムには、Amazonコミュニティ内で信頼を獲得した一部のお客様が招待されます。Amazon.co.jp は、本プログラムのメンバーに、メーカーによって本プログラムに提供されたサンプルを無料でお送りします。Amazon.co.jp は本プログラムのメンバーの意見に対し影響力を持つことはなく、メンバーのレビューを修正または編集することもありません。

つまりは、未発売も含めレビューをすることでタダで商品がもらえるというもの。
選択権は範囲が狭いが一応本人の希望のものをレビューすることができる。

アマゾンによれば、レビューの評価が悪くても書かれていないものより売れるそうです。
実際に触れないのでお客さんは言葉で情報を得るしかないですから言われてみればそうだ。

どうやったらメンバーになれるのか

基本的には買った商品のレビューをするだけでいい。
どんなレビューでもいいわけだが、
相手に有力な情報を与えて、参考になったのボタンをたくさん押してもらう必要がある。

日本ではどういう風に選定されるのかは明確には書かれていないが、海外ではTOPレビュー2000人がなれる。

誰でもなれる訳じゃなくて、
会員になるためにはたくさんレビューを書いて、amazon側からメールで招待が来るのを待たなければならないということ。

どんな商品がもらえるのか

基本的には何でもと思っていいです。

安いものから高いものまで、

テレビ
企業側がレビューして欲しいものがサンプルの対象となる。
高いものだとバイクなどテレビも含まれているので多種多様。

暮らせるほどになるのか

海外の人で5年間で数十万円の商品をもらったという人がいます。
企業側も有名なレビュアーに書いてもらおうと送ったりもするほどだそうです。
ただ、よく見ると5年で数十万。つまりはある程度は貰えるけど暮らせるほどじゃない。
しかも譲渡や転売は禁止となっている。

タダだからといって甘くない。

ライティング

商品をタダで貰うからと言って評価が甘くなることがないそうです。
レビュアーは商品に対して興味を持って次に買う人に対してを考えて書く。
そうじゃないと参考になったは押されないですよね。
私自身もべた褒めのレビューよりも星3,や星1を一番先に見ます。
星3の人は良い点悪い点について書かれていますし、
星1のレビューは的外れなものも多いのですが、しっかりと書かれているものあるので、「Windows 8には対応していない」など対応情報として参考になります。

まとめ

アマゾンレビューで無料で貰いたいから書き始めるというのは少し難しそうですね。
結局買った商品をレビューするわけですから初期投資も結構必要です。
レビューを書くのが好きな人がVineになったらいいかなと軽くモチベーションをあげるために使うのがいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする