短い睡眠でスッキリと生活する方法[成功者ほど短い]

ナポレオンやエジソンなどは3時間しか寝なかったという話がありますが、

ただ単に短い時間寝ることは体に良くありません。むしろ健康を害する場合もあるので注意!

誰でもうまくいくわけではないですが短く寝るためにはそれなりの工夫が必要です。

眠るのを短くすると次の日つらい時が多いですね。そうならないためにはコツがあります。

4時間しか寝てないのに凄く元気な人もいれば、

四時間しか寝てないから眠いという人がいるのはそのためです。

スポンサーリンク

深く短く眠るための方法

寝る時はリラックス、日中に体を疲れさせてから寝る、ということがポイントです。

  • 室温
  • 部屋の色
  • 枕の高さ、布団の固さ
  • アロマポットなどの香り

私は部屋の電灯をシーリングライトにしてみたのですが、夜に明るさを下げてみたら寝やすくなりました。

  • スポーツ
  • 仕事・勉強
  • 人付き合いの声

運動をした日はすぐに眠れたり、次の日の目覚めが良かったりしますよね。 ただし、筋肉痛には注意。ウォーキングやランニングで適度に体を動かすことやストレッチがおすすめです。

精神と身体・・・実際にはどうすればいいのか

その方法で良いと思ったものをあげていきます。

ストレスをどうするか・・・一種の暗示がいいかも

息をゆっくりと深く吐きながら、心の中で「いやなことが出て行く」と唱える。そして、実際にイメージしてみる。次に、ゆっくりと息を吸いながら、心の中で「いいこと入ってくる」と唱える。そして、実際にイメージしてみる。 やってみると案外すっきりします。 でも、これのポイントは深呼吸をすることにあるんです。嫌な事や焦っていたりすると意外と呼吸が良くないことが多いです。

生活習慣を大きく変えるのがいい

いつも、八時に起きているのを七時に変えて最終的には三時にする。 こんなことは普通の人は難しいと思います。なので、いきなり3時におきるというをお勧めします。 そうすると、3時におきたらどうするか、何時に寝れば可能かなど計画的に動かなければいけないことがわかります。そこで、何かを始めるというひとつの目標ができます。 少しずつやるのは確かにいいことだと思います。ただ、時には決断が必要です。

アラームを使わない

決めた日に予定を立ててみましょう。 その日の朝起きたら何をするか、 ジョギングをして日と汗流してシャワーの後、優雅に朝ごはんなんてのでもいいです。 何か明確な理由があると起きやすい。例えば、重要な会議やデートの日は寝坊しにくいです。

朝に伸び、夜にストレッチ

何事も長時間のことになると3日坊主になります。 朝起きたら、絶対に一回身体を伸ばす、あくびをする。これだけをやってみてください。 あくびは顔のストレッチだと思ってください。 夜はストレッチをおすすめします。具体的な方法はたくさんあると思うのですが自分に合ったのがいいです。 ちなみにラジオ体操で覚えてるのだけやるという方法は意外とありです。

まとめ

どうだったでしょうか。 短い時間の睡眠には計画的にすることが大切なようです。 簡単にできることだけをあげたので、今回紹介したことを実践して、「ショートスリーパート」なり快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする