感謝の大切さを本で知った瞬間

感謝の気持ちってとても大切だと思うんですよ。
というより感謝ってメリットしかないんですよね。これはいい習慣ですよ。
いい明日がくる 夜の習慣 (中経の文庫)で知ったので紹介しようと思います。
感謝 人生

スポンサーリンク

出会った人みんなに感謝

ある人は、しかめっ面だったかもしれません。ある人は、怒鳴り散らかしていたかもしれません。また、ある人は、ハンカチを握り締めながら泣いていたかもしれません。そういう人たち、すべてに「ありがとう」と布団の中で、小声でつぶやいてみましょう。

自分の文章じゃないにもかかわらず恥ずかしくなってしまいました。普段悪口言っていても、不満があってもとりあえず感謝してみたら意外と相手を許せたり、いい面が見えてくると思います。

なんだかどうでもいいけど素敵な感じがしませんか?感謝したってストレスじゃないんですよ。

自分に感謝

心臓は、わたしたちが生まれてから一秒も休むことなく動き続けています。本当にすごいことだと思いませんか。心臓さんが、ちょっとだけでいいから休憩させてよとグチを言ったことは、今まで一度たりともありません。

知らんがなですよね。屁理屈なんてどうでもいいですよ。

大体ほめてくれる人なんて稀なんですよ。ほめてくれる人がいないんだったら自分がほめてやればいいんじゃないでしょうか。

まあ、馬鹿馬鹿しいですけどこっそりとやってみると案外いいもんですよ。

本当にたまにですよ。たまに、自分へのごほうびと違って無料じゃないですか。

身体の調子悪いところにまで感謝

自分の身体の中で、調子のよくない部分がある人は眠る前にその箇所に対して「○○さん、ありがとう!」と感謝を送りましょう(○○に身体の部位を入れます)

これ見たときになんだか笑ってしまいました。

ただ、プラシーボ効果って大切だと思うんですよ。気分次第ですべて変えられるときってあるときがあるんですよ。

もちろん、無理な時ってありますよ。ただ、ネガティブなときほどつまらないことをしたほうがいいんじゃないかと思います。

感謝のハガキを書く

そんなブルーな気分になって眠れないときには、誰かにお礼のはがきを書きましょう。感謝の気持ちを書くことで、気持ちが静まり、穏やかな心境になっていきます。夜に書いたハガキは、翌朝ポストに投函します。

夜にマイナスの感情が生まれたときって、スパイラルしちゃいます。そんなときって、ハガキとか日記とかつけるとストレスの解消になるそうです。

昔何かの研究で日記を書いている人はストレスが少ないというのを見たことがあります。

夜に感謝の気持ちを書いて、翌日には恥ずかしくなるので隠滅しておきますか?そのほうがいいと思います。

まとめ

本日は少々投げやりな感じなんですが、実は感銘を受けて紹介として書いたものの恥ずかしくて仕方なかったのでこうなってしまいました。

たまには感謝するのもいいんじゃないでしょうか。

それではまた今度

スポンサーリンク

シェアする

フォローする