シャンプーなしの生活は効果あるのか?一年間試してみた結果

シャンプー無しの湯シャンというものをご存知でしょうか?

シャンプーやトリートメントを使わないでお湯だけで髪を洗うことで、経済的でシャンプーなどで髪を傷めないという効果があるといわれてることから流行っているんですが、

私自身も1年ぐらいシャンプーのない生活をやってみたので実際に効果はどうだったのか紹介します。

湯シャンは丁寧に洗う必要あり

シャンプーなしになると当然ながら髪の毛の洗浄能力は低くなってしまうので、普通に洗っていると3日ぐらいで髪がベタベタになってしまいます。

このベタベタになるというのは実は頭皮や髪に必要な皮脂や保湿成分なんです。

しかし、毎日シャンプーして洗い流してるものが蓄積していくのでベタベタに感じてしまいます。

なので、出来るだけ長めにシャワーを浴びてしっかりと皮脂の汚れを落とすことが重要になってきます。ちなみにベタベタといってもその後にしっかりと乾かせば髪の毛がサラサラになるのでパサパサな髪質の場合翌日のセットが非常に楽になります。

スポンサーリンク

髪の匂いはどうなるのか?

髪の匂いに関して言えば1週間は本当に地獄です。いつもシャンプーで落としているものがお湯だけになってしまうので必要以上に体臭というか匂いがきつくなります。

ここだけはどうしても耐えなければならないところだと思います。ただ、しっかりと湯シャンすれば匂いは最小限にすることも出来ます。

2週間ぐらいになってくると匂いが弱くなってきます。シャンプーを使わなくなっているので逃避からの保湿成分が必要以上には出てこなくなるからだと思います。それまでは保湿成分を出しすぎていたため匂いやベタベタが強くなるなっています。

シャンプーを一回でも使うと台無し

最初のころは手探りでやっていたのでわからなかったのですが、1週間に一回シャンプーをしていました。これは一番やってはいけないやつです。

せっかく溜まっていた保湿成分を全部洗い流してしまい、髪質が戻ってしまいます

思い切って1ヶ月ずっとシャンプーなしでしっかり洗ったらどうなるかやってみたら1週間に一回にシャンプーが失敗だったと分かりました。ただの匂いがちょっときつい人になってしまう悲惨な結果になるので使わないなら使わない。使うなら使うそれが重要です。

焼肉は絶対にダメ(笑)

焼肉?と疑問になった人もいるかもしれませんが要するに匂いのきつい場所に行くことを避けたほうが良いです。始めてから1ヶ月以内だと焼肉後の匂いが中々落ちないんです。保湿成分が溜まっていないばかりに匂いを跳ね返せてないんでしょう。

私は残念ながら焼肉を食べた結果、翌日髪を触ったときに匂いがしてしまいました。自分で匂いがするということは相手は確実に臭いと感じると思ったので一時中断になってしまいました。

2ヶ月ぐらいすると匂いのきつい場所に行っても湯シャンでしっかり落ちるようになります。

頭皮の汚れはしっかり落とす

湯シャンで一番大変なのが頭皮の汚れ

シャンプーをしている人にはわからないかもしれませんが、頭は想像以上に汗をかいていますし、皮脂が溜まります。その汚れは蓄積していくと髪がかゆくなっていきます。

残念ながら湯シャンではこれを落とせない!

と思います。丁寧に洗えば落ちると思いますがそんな時間はない

経済的といわれてるのに長い時間シャワーを浴びるなんて本末転倒でお湯はガス代が高いので却下。

シャンプーブラシはおすすめ

頭皮の汚れはマッサージでも中々落ちないので頭皮洗浄ブラシが必要になってきます。

最近では100円ショップなんかでも売ってるので探してみてはどうでしょうか。

最終的に1年ほどシャンプーなしの生活を私は頭皮の匂いはしなくなりました。触ってもベタベタしていませんし、サラサラのキューティクルヘアー?といったところ。

が・・・

ある時他人に指摘されたことをきっかけにやめちゃいました。

匂いはしないけど・・・

とのこと。無臭って評判良くないんですよ。

今の世の中シャンプーには香料ないし、天然成分の香りが入っているわけでいい匂いが普通なのですよ。女性が通りがかりにふわっといい香りがするって経験ありませんか?男性、女性に関わらず髪の匂いが無臭よりいい香りのほうが圧倒的に他者にとっては良いということ。

そういうわけで私は少々高めのシャンプーを使って生活することになりました!

今まで最高のさわり心地だったサラサラの髪の毛は市販品のシャンプーでは再現できなかったんですよ。ええ・・・渋々高いシャンプーに・・・コスパ最悪ですよ!

残念だけど現代社会で湯シャンって合ってないだよねぇ。と泣きながらやめちゃいました。(泣いてはないですが)

これから湯シャンを始めようかな?と考えている女性は特に気をつけてくださいね。

ではでは、いまた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする