スマホの充電速度が異常に遅くなったときの対策方法

iphone 6
スマートフォンやiPhoneを使っていると必ずやってくる充電切れ。過度の負荷をかけていなくても2,3日後には待機電力で必ず充電しなければいけませんよね。

今すぐ充電したいって言うときは急速充電に対応しているものを使うのが良いのですが、実はそれ以外にも速く充電する方法があるんです。

なんだか最近充電が遅いぞ?とかなんだか充電しにくいと思ってる人に私がやっている方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneって1日で充電が切れるようになってる?

他のスマートフォント比較しても電池切れが結構早いことで有名なiPhoneという機種。技術も向上して省電力省エネルギーを心がけているのですが、残念ながら電池の切れやすさが変わることがないといわれています。

理由は簡単、省エネルギーになったら電池のバッテリーを小さくするからです。

さらに他のスマートフォンと比較してもバッテリーは小さい傾向にあるからです。そうすることでスマホを重く感じさせないようにしているのです。

でも、1日半で充電が切れるスマホなんて欲しくないからapple的にはこれが最適だと考えているんじゃないでしょうか。

そんなことで私も毎日充電をしていますが、ある時充電が異常なまでに遅かったり速かったりして原因を探していたらわかったことがあったのでいくつか紹介していきますよ。

充電速度が遅いのはコンセントに問題あり

スマホを充電するときにオフィスとかのタコ足配線にコンセントを差し込んで充電していませんか?

camouflage-1297178_640

電気をそれほど消費しないものでもタコ足配線でコンセントが刺さっていると待機電力などで伝わるエネルギー量が減ってしまいます。一番やってはいけないのがテレビやノートパソコンなどが刺さっているコンセントで充電すると非常に遅くなってしまいます。

速く充電したいときはタコ足にせず一つだけでコンセントに差し込むと本来の充電になりますよ。

電源を一回切ると若干速くなる

これはアプリをたくさん入れている人限定の話ですが、充電するときに待機電力が多いと充電回復が遅れてしまいます。たかが待機電力とあなどっているとダメですよ。SNSなんかは起動してなくてもバックグラウンドでたくさん電池を食っていますから。もちろん電源を切った状態で充電しているとかなり早いのです。が、そこまでして充電?って感じしますね。

ながら充電は本当に危険

充電しながらスマホゲームの組み合わせは相当危険です。そして充電速度が下がるだけじゃなくて、バッテリーに負担がかかるので今後バッテリーがへたってしまうので絶対にダメです。

それもそのはず、普通は充電することでバッテリーに電気を溜めている作業スマホを使うことで放電する作業。このふたつを一気にやっていると熱ロスが一気に溜まってしまって最悪な事態もありえます。

急速充電対応ならWとA(アンペア)をみる

急速充電対応のスマートフォンと充電器をつかうときには絶対に見なければいけないのがAという部分。

電力Pをどれくらい伝えるのかは日本ではAに依存しています。

P=VI

Vは電圧でコンセントに依存しているのでほぼ一定です。一方でIは電流でAに相当します。

これが大きいほど電力がおおきくなるので一度にたくさん伝わります。

電力をたくさん供給しているので、当然熱ロスが一度にたくさん出てしまうのでスマホが少し熱くなることがあります。なのでスマホが対応しているのかなどしっかりと確認してみてくださいね。

急速充電もいいのですが、単純にタコ足配線で遅いというケースが結構多いです。安全に充電するためにもタコ足配線なしでそのままコンセントに差し込んでおくのが速い充電なるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする